さよならドビュッシー 中山七里 |読書にゃああと

読書にゃああと

前代未聞! 猫による書評ブログ...?! 猫は代弁者じゃなくって書評者ですのであしからず…。

さよならドビュッシー 中山七里 

2014-07-23-13-43-38


内容(BOOKデータベースより引用):
 ピアニストからも絶賛!ドビュッシーの調べにのせて贈る、音楽ミステリー。ピアニストを目指す遙、16歳。祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール優勝を目指して猛レッスンに励む。ところが周囲で不吉な出来事が次々と起こり、やがて殺人事件まで発生する―。第8回『このミス』大賞受賞作品。



ハクぼん:
かっこよかったにゃ。
ぼくも岬先生みたいになりたいにゃ。
遥ちゃんもかっこよかったー。
ピアノ、聴きたいにゃ!


はっちゃん:
岬先生、すてきだわーーー。
ハクぼんが岬先生になれるわけないわーーー。
作者の画像検索はしちゃダメよ。
夢が醒めちゃうわ。


ハコ:
遥ちゃん、かっこいいにゃー。
殺人事件なんかよりピアノのほうが大事だにゃー。
がんばってほしいにゃー。


詳しくは飼い主のブログをみてにゃ。
http://uchinohondana.blog.jp/archives/1001691189.html


2014年07月29日| コメント:0トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Copyright © 読書にゃああと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます